古銭についての定義と高価買取してもらうためのポイント

古いお金情報館のメインビジュアル
  1. トップページ
  2. 古銭についての定義と高価買取してもらうためのポイント
古銭の定義はあるの?

古銭の定義はあるの?

古銭とは昔に流通していたお金のことですが、その定義に明確な基準はありません。線引きとしては「現在使用できない貨幣」となりますが、近世以前に使用されていたお金であるともされています。古銭として扱われている貨幣は多岐にわたります。

例えば30代以上の人には夏目漱石の千円札は見たことのある紙幣ですが、10代の人には昔の珍しい紙幣と感じるかもしれません。流通していなくても額面通りの価値がある紙幣も多く、どれを古銭と呼ぶのかは市場の人気に寄るところが大きいのです。

また、古銭買取をしてもらうときに気をつけておきたいのは、コンディションと希少価値です。時代によってはプレミア品もあるので、正確な鑑定眼をもつ買取業者を見極める必要があります。

どんなお店を選べばいい?

ネットオークションなどは個人間取引となるため、価格や価値の相違によるトラブルに発展しやすいので注意が必要です。同じネットを利用するなら、買取専門店を探してみてはいかがでしょうか。買取専門店には地域密着型と無店舗型があります。

まずは、古銭買取をしている店舗の買取実績を確認しましょう。売ろうとしている古銭が買取対象でなければ安く買いたたかれてしまう可能性があります。また、古銭そのものの価値を重視しているのか、素材をメインに買取をしているのかも気をつけておくポイントです。

出張買取では自宅まで来てくれるので大量に古銭があるときや店舗まで行く時間がない方におすすめです。持ち込み買取であれば自分タイミングで査定をしてもらえるので気軽に訪れる事が出来ます。また、インターネットを利用して無料査定を頼むことも出来ます。

複数査定をすることで持っている古銭の価値がわかります。少しでも高く買取してもらうために、何店舗かの査定を受けると良いでしょう。

トップページへ